test

posted on 2015年5月14日 in 「ハートカクテル」考

テストテスト テストテスト

「ハートカクテル」考 ~ vol.027 ネクタイに関する4ページ

posted on 2012年10月26日 in 「ハートカクテル」考

「自由」との対比で、「(女性からの)束縛」というニュアンスがあろうものなら、明石家さんまがいかにもやりそうな噺となるのだが。いずれにせよ、見立てとしては随分上手いこと考えたもんである。大体、ネクタイそのものが「束縛」の象徴じゃないか。

もうこのあたりで、わたせせいぞう氏はじめ制作陣は、この「ハートカクテル」を、「都会派、オシャレ、バブリー’80」な路線で突っ切ろうと決めた風である。vol.6みたいな、70年代のフォークが聞こえてきそうなテイストは、もう微塵もない。

アニメ版では、「ボクのネクタイ」なるタイトルで出ている。人物のデッサンが、原作より随分洗練されていて、まるで北条司のようである。放送は87年ごろ、原作より三年程度後だと思うが、アニメファンの方々から見て、この三年間の漫画・アニメ界における作画の進歩には、すさまじいものがある、みたいなことはないのだろうか。江口寿史、鳥山明、北条司、大友克洋らの作画は、素人目たる小生の目から見ても、ほんのちょっと前の世代、つまり、70年代フォークのエッセンスがややかぶってる世代である、例えば、高橋留美子とか、あだち充とか、その辺の作家とは、随分絵の印象が違うのであるが、ちょうど小生が小学生で、いわゆる「自由帳」に描くべき絵がそれだったから、この間の「作画の進歩には、すさまじいものがある」ように思えるのである。

「ハートカクテル」考 ~ vol.026 ’84 ── 夏

posted on 2012年10月16日 in 「ハートカクテル」考

このタイトルのつくりこそが、まさにザ・バブルであり、だからというわけではないのだが、この回は初期のハートカクテルを代表する名作の一つに数えられるだろう。
特にヒロインの造形が白眉で、本作ではめずらしいショートカット+妹キャラ。加えて、透明感とか、繊細さが表現されていて、主人公にとって、いかにも儚い存在として立ち現れているらしいことが見て取れる。強いて例えるなら、デビュー当時の原田知世か。いや、当時の原田知世がさほどに儚げであったものかどうかは知らないが。
このテの娘は、もう数年もすると、オシャレを覚えて、髪を伸ばして、恋もして、やたらといい女になってるものと相場が決まってる。彼女のそんなポテンシャルを、主人公はほんの一夏独占したつもりだったに違いない。

1984年の夏といえば、ロサンゼルス・オリンピックである。その前のモスクワ・オリンピックは、日本を含めた西側諸国のボイコットでもって全くといっていいほど記憶に残ってないから、団塊ジュニアの小生が初めてちゃんと見たオリンピックといえる。この時のアメリカ文化に対する印象は強烈で、翌年の「ウィ・アー・ザ・ワールド」とも相まって、アメリカのエンターテインメントのとてつもなさをまざまざと見せつけられた。
テレビなんかでオリンピックというと、なぜジョン・ウィリアムスが書いたロス五輪のファンファーレが鳴り響くのか。

もちろんこの曲自体のインパクトもあるだろうけど、「オリンピックといえば、1984年のロス五輪」、となる人がそこそこいるからに違いない、と、小生は密かに思っている。お金の面では大成功だったらしいが、アメリカ文化の発信という面でも大成功だったろう。

当時アメリカの経済は、日本とは逆に「双子の赤字」やなんかでちょっとしょっぱかったらしく、その後ジャパンパッシングまで発展してしまうわけだが、じゃあアメリカ文化は暗かったのか、といわれると、全然そんな印象はない。むしろ、マイケル・ジャクソンやプリンス、ヒップホップ、ニュージャック、LAメタル、MTV、フットルース、トップガン、スタローン、スピルバーグ、エディ・マーフィー、グーニーズ、バック・トゥ・ザ・フューチャー、そしてレーガン…と、やたらと陽気で健康的で、日本同様「ザ・バブル」な要素に満ち溢れている。対して90年代、クリントノミクスで経済は絶好調のはずだが、オルタナ、グランジ、ウェッサイと、不健康がウリみたいなのがメインストリームを占拠してて、気分的にはバブル後の日本とそう変わらない。
じゃあ、「バブル経済」はともかく、「バブリー」なる時代の気分というのは、何によってもたらされるのか。日本とアメリカに共通する、80年台と90年台を隔てる要因、それはやっぱり、冷戦構造の崩壊じゃないか。

ちょっとお題が飛び過ぎたので、ここらで終了。
別荘、なるものを、おそらく主人公と同年代であろう「F」なる友人が所有しているというあたりを指してバブルと呼ぶのは、誠に正しい。

「ハートカクテル」考 ~ vol.025 プール・イン・ザ・レイン

posted on 2012年10月6日 in 「ハートカクテル」考,芸能

「ハートカクテル」の初期の作品中、小生がもっとも語りたかったのは、何を隠そう当回である。

この、「プール・イン・ザ・レイン」なるタイトルから、小生が真っ先に連想したのは、レッド・ツェッペリンの「フール・イン・ザ・レイン」だ。

小生がツェッペリンにハマり出したのは、確か中3の時だったと思うが、最初に買ったツェッペリンのアルバムが、「フール~」を収録している「イン・スルー・ジ・アウト・ドア」。多少なりともツェッペリンの知識がある人なら分かると思うが、このパターンは非常にレアで、そんなわけだから、ツェッペリンの曲の中で一番好きなのは「イン・ジ・イヴニング」です、というひねくれたツェッペリンファンになってしまった。

で、ツェッペリンのソフトな曲調のもののうちもっとも好きなのが、この「フール~」。「ラ・バンバ」や「ツイスト・アンド・シャウト」といった名曲と同じ、C→F→G→Gの黄金のコード進行で、この進行は、我がボン・ジョヴィ大先生の一連のヒット曲の原型ともいえるから、すぐに耳が反応してしまった。ツェッペリンには珍しく、ビルボードのシングルチャートのTOP40に入ったのもうなずける。ギターソロもいい。このラテン然とした平和な曲を、オクターバー+ディストーションでぶちかまそうなどと思うのは、ジミー・ペイジをおいて他にいない。また、ジミー・ペイジは、絶対にソロを2テイク以上録らなかったというが、ある程度の流れや、出だしのフレーズなどは、事前にセットしておくそうで、このソロは、そうやって録られたことがよく分かる好例だと思う。

そのフレーズは、なぜだかやたらと切ないのだが、切ないのは何もフレーズだけではない。速弾きがヘタウマ過ぎて、聴いてるほうが別の意味で切なくなってくる。「速弾けてない速弾き」を、こともなげにに商業作品に持ち込んでしまう、そんなことを許されるのは、ジミー・ペイジをおいて他にない。しかしながら、ロックに目覚めたばかりのミドルティーンが、「レッド・ツェッペリンこそハードロックの創始者!」みたいな情報ばかりが先行した頭で、このソロをありがたく拝聴する限り、「おぉ、もしかしてこれが速弾きというヤツか」となってしまうこともないわけではない。白状するが、事実、当時の小生は、この速弾きとイングヴェイ・J・マルムスティーンのそれとを比較して、「ちょっとイングヴェイの方が上手いかな」ぐらいに思ってました。イングヴェイさん、マジごめん。基準、とか、モノサシ、というヤツは、きちんと身につけてなんぼである。

後年、知り合いのドラマーにこの曲の話をしたら、このボンゾのドラミング、ハーフ・タイム・シャッフルの一つの頂点と言われる、あのTOTOの「ロザーナ」のドラムパターンの原型になったんだそうな。なんでも、ジェフ・ポーカロ自身の証言があるらしく、ドラマーの世界では常識なんだそうである。YouTubeでその証言とやらを発見したんで、一応貼っておく。

さて、ツェッペリンの話が長くなってしまったが、「プール~」の方に戻ろう。このタイトル、わたせせいぞう氏がツェッペリンの「フール~」のもじりとしてつけたものかどうか、一切情報はないのだが、小生はそうじゃないかと思ってる。「わたせ氏がツェッペリンなんか聴くわけないじゃん」と思うかもしれないが、理由は二つある。

一つは、もじりでもないのに、「プール・イン・ザ・レイン」などというタイトルをつけることもない、ということ。あらゆる可能性の中から、なぜこのタイトルが選ばれたのかを想像するに、「フール・イン・ザ・レイン」の存在を抜きには考えづらい。「雨の中のプール」ではなく、あくまで「プール・イン・ザ・レイン」なのである。最初は、”fool in the rain”なる常套句でもあるのかと思ったが、Google.comで検索をかけて、10ページ調べてみても、それはあくまでLED ZEPPELINの『Fool In The Rain』であった。

二つ目の理由は、最初に紹介した「フール~」を収めているアルバム、「イン・スルー・ジ~」のジャケットにある。

このジャケット、Wikipediaの解説にもあるように、ちょっとした仕掛けが施されていて話題になったものだが、マッチを擦るこの男、白の帽子に白のスーツで、「プール~」の方の主人公の出で立ちと一致するのである(原作の場合。アニメ版は、ちょっと色味が違う)。小生の願望が入り混じった推測ではあるが、これをただの偶然とも言い切れまい。

「ハートカクテル」考 ~ vol.024 もうフォークは投げない

posted on 2012年9月30日 in 「ハートカクテル」考

たまに差し込まれる、スポーツものの初回。今作は、「一介の組織人たる矜持」がテーマだろうか。小生自身、コレを読んでサラリーマン時代を思い出しはするが、こんな渋い役どころではなかったことは確かだ。

みな黒髪だし、SONYぽい看板もあるしで、日本のプロ野球が舞台のようだが(もっとも80年代当時のSONYは、それこそウォークマン旋風みたいので、とっくに海外進出してたろうけど)、大リーグが舞台のハリウッド映画を観ているかのような趣がある。無論わたせ氏の作画によるところが大きいのであるが、キャッチャーの口髭面が、なんとなくチャールズ・ブロンソンかトム・セレックを彷彿とさせるからかもしれない。日本人でこの口髭が似合う男は、そういないだろう。

ちなみにそのトム・セレックだが、『ミスター・ベースボール』なる日本のプロ野球を舞台にしたハリウッド映画で、高倉健と共演している。

「ハートカクテル」考 ~ vol.023 オフホワイトのレースのスカーフ

posted on 2012年9月27日 in 「ハートカクテル」考

えーと、美沙子は男にお別れを言いに来た? 二人はもう、恋人として「別れてしまっ」ているから、この場合のお別れは、男が街から去るという意味でのお別れ、という意味である。で、男から恋人としての別れを切り出したのなら美沙子の行動も分かるけど、男の未練タラタラぶりを見れば、どうもそうでもない様子。てことは美沙子から別れを告げたんだろうけど、それでもってわざわざ男に別れのあいさつに来るなんてのは、男にとっては随分残酷な仕打ちといっていい。しかも例のスカーフを纏いつつだから、美沙子はドSに違いない。

いやいや、美沙子は男とよりを戻しに来たんだ、という解釈。明日、美沙子は自らの意志でもって別の男との見合いをするわけだから、その解釈は当たらない。もし当たるんだとすれば、美沙子は「心境の変化」が極めて頻繁な危なっかしい女である、という解釈にならざるを得ない。

まあ、だからどっちにしろ、美沙子は危ない女なんである。いや、そんなキャラ設定だったはずはないんで、つまりは良くわからないのであるが、さてどう解釈したものか。

男の姿形は、原作とアニメでは随分違う。なぜアニメの段階で前髪一筋チョロンのオールバックにする必要があったのか。それは、バブリー’80sを極めつつある時代の要請であろう。「一筋チョロン」のほうが、いい感じに没個性的なのである。

とりあえず、久々のジェシィの店ではある。

みさ子…4
けい子…3

「ハートカクテル」考 ~ vol.022 ふたりきりのビアガーデン

posted on 2012年9月18日 in 「ハートカクテル」考

「ハートカクテル」には珍しく、遠距離恋愛を選んだ男女の物語。小生も単身赴任生活が長かったので、尚更そんな二人を応援したくなる。

「冷房の中でアイスコーヒーを飲むより」「むし暑い外で冷えたビールを飲るのが正解だ」
我が意を得たり、とはまさにこのこと。小生にとって、年間通しての最高のシチュエーションて、まさに、「むし暑い外で冷えたビールを飲る」、なのである。あ~もうヨダレが。

vol.17に引き続き、「カリンカリンのフライドポテト」も登場。「アスパラガスをいため」たのも美味そうだが、僕は茹でた方が好きだ。どうでもいいが。

アニメでは、ラストにちゃんと「カリフォルニア・ドリーミング」(に限りなく近い曲)が流れるのだが、ちょっと雰囲気が違うんじゃないか。ここはやっぱりクワイエット・ストーム系じゃないとはまらない気がするが、如何に。

「ハートカクテル」考 ~ vol.021 虹色の風

posted on 2011年9月6日 in 「ハートカクテル」考

実は、vol.021にて「慶子」嬢が登場したにもかかわらず、カウントを忘れてしまったので、ここに付記したい。

みさ子…3
けい子…3

さて、当回ではボウタイのウサギが2度目の登場を果たす。ボードレールを読みこなすとは、なかなかインテリなウサギだが、ここにある節が、果たして本当にボードレールのものであるかどうか、小生は知らない。
ファンタジーとしての完成度が非常に高く、隙のない一作、といったところか。
ほんわかとしたカップル微笑ましい。


「ハートカクテル」考 ~ vol.020 ふたりの会社 1970-1975

posted on 2011年9月5日 in 「ハートカクテル」考

わたせせいぞう氏の作品は、一話が4ページのものが圧倒的に多い。で、左ページから始まる。右ページから始まれば見開き2面で完結するので収まりがいいのでは、とも思ったのだが、これには理由がある気がする。一つには、掲載誌の都合として、カラーページの節約が挙げられる。見開き2面だと、カラーページ3枚が必要なのに対し、左ページ開始だと、2枚でOKである。

が、そんなケチな理由ではなくて、創作上の理由があるはずだ。「ハートカクテル」の各話を注意深く見ていくと、次のようなパターンが多いことに気付く。

起…タイトルのコマ
承…3ページいっぱいまで
転…4ページ目
結…最後のコマ

このパターンが、なんとも心地よいリズムを産み出しているのだが、とりわけ、4ページ目をめくった時のインパクト、「転」に変ずるカタルシスが、左ページ開始にすることによって最大限に高まるというわけである。

当回は、このパターンによる典型と言っていい。4ページ目をめくったとたん、1975年から1984年に飛び、見事な「結」によって、彼らの時を越えた友情が、胸に迫ってくるのである。


「ハートカクテル」考 ~ vol.019 Running

posted on 2011年9月4日 in 「ハートカクテル」考

これまた淡白なカップルである。

「やがてあなたは新しい女(ひと)と知り合うのネ」「新しい恋人出来たら知らせて」
「本当に行ってしまうのかい」

などと遣り取りしてはいるが、あんたらに遠恋という選択肢はないのか、と、単身赴任歴5年の小生は思ってしまう。余計なお世話というヤツだが。

小生は、数年前より健康とダイエットのためにランニング、というよりはジョギングを趣味としており、ついにこの秋より市民マラソンにデビューすることと相成った。
想うのは、ジョギングが趣味です、なんていうのは、やはり加齢の仕業に違いない、ということだ。年齢相応にストレスみたいなものを抱え、余計な脂肪も抱え、それらから解放する手段としてジョギングほど効率が良いものは無いのであるが、若い頃はその辺の計算を出来ない、というよりは、そんな計算などしたくないので、どうしても忌諱してしまう。その忌諱が解けて、アンチエイジングの効率でもって、やっぱジョギングだよな、と思うに至ったならば、それは加齢が若さ故のこだわりを追い越したということだろう。

信号待ちで手首足首をブラブラさせて、いかにも「信号待ちのジョガーです」みたいなサマをさらすことに抵抗が無くなったら、それがアラフォージョガーの証である。
次へ »