所信表明演説

posted on 2008年9月29日 in 時事

やっぱり今回の総理はスタンドプレーがお好きである。

民主党に直接質問してしまうという異例の所信表明演説で対決姿勢を鮮明にし、議場を大いに沸かせた。政局ウォッチャーとしては大変興奮させてもらった。
具体的な中身に乏しいとの批判もあるようだが、よく知らないけど、所信表明であんまり細々したことを言ってもしょうがないだろうと思う。施策の大方針を述べることはもちろんではあるけれど、決意だとか姿勢だとか意気込みだとかを有権者に対して「表現」することこそ重要だ。

ちょっと話がそれるけど、政党政治というか議会制民主主義というか、そういう体制にあっては、我々の代表がゴニョゴニョ喋ってもしょうがないし、その意味も含めて、政治家はアクターじゃなきゃならないと思う。
乱暴に言うと、微に入り細を穿つ個々の政策について思いをめぐらし決断するのが政治家の「本来的」な仕事なんだろうけど、そのサマを見て主権者たる我々が彼らをいちいち評価できるわけがない。僕等だって僕等自身の仕事において微に入り細を穿つ個々の案件を処理しなきゃならんのだから、そんな暇はないことは誰だって実感している(さらに話をそらすと、政治に携わる人間は、ジェネラリスト且つスペシャリストたらねばならないし、その責任が及ぶ範囲たるや全く僕なんかの比じゃないわけで、少なくともそういった意味において、つまり仕事人として、彼らには畏れ入る。この責任の範囲は、とりあえず政治家をけなしておけばいいぐらいに思っている連中が、例えばマスコミや評論家や僕等の身の周りにだっているわけだけど、そんな輩の比ではないことだって明白だ)。
だからこそ成立した議会制民主主義である。義務教育レベルのことを得々と語るのも恥ずかしいのでこの辺で止めるが、で、言いたいことはこういうことである。ある政治家(とりわけ最も我々から「遠い」国会議員)を評価する際、我々の殆ど唯一の判断材料は、マスコミを通じた彼の像だ。だから、彼らはアクターであらねばならない。僕らは、個々の政策について責任を持って判断できるほどのジェネラル且つスペシャルな関与・経験・知識・スキルが、プロたる彼らに比して相応に不足しているのだから、彼らのアクティングを通じて、彼ら個々の資質や本音、総じて人物を見極め、選挙を通じてそれを発露し、案件の推移を委ねるしかない(もちろん例えば草の根の政治活動をやる道もあり、その尊さを否定する気は毛頭ない。ここでは今の日本の市井の人間におけるごく一般的な意味での政治参加について述べた)。
そういう考えは全体主義に至るとの懸念もあるだろう。だからこそ歴史に学ぶという行為をないがしろにすべきではないし、実は民主主義と全体主義は紙一重なのだという危機感を保ち、政治に関心を持ち続けるべきだ。政治の責任は、とどのつまり、国民にある。民主主義は、そのことを前提にしてしか、成立し得ない。

このパフォーマンスのウラを返せば、それは民主党に対する苛立ちと警戒感である。小沢のボディブローが相当効いている証だ。この演説を見る限りパフォーマーとしての麻生の資質は侮れないけど、それを受ける小沢もひたすら仏頂面で、何ら動じないぞというパフォーマンスは僕なんかには随分したたかなアクターっぷりに見えた。政権交代の確信は未だ持てないけれど、面白い政局が訪れるであろう予測は立った。

一つだけおせっかいを言わせていただくと、余りスタンドプレーが行き過ぎると軽く見られるのがオチである。麻生氏にはその気が窺えるので、もう少しだけでも重厚さを伴った「パフォーマー」になってもらうが宜しいかと思う。

中山成彬の自爆テロ

posted on 2008年9月28日 in 時事

Yahoo!みんなの政治 」に国会議員一人一人についてユーザーがコメントしたり採点したり出来る機能がついていて、中山成彬のを覗いてみた。すると、驚くべきことに、今回の失言を称揚するコメントがいくつもあり(ほとんどは日教組のくだりについて)、評価の点数も2.5点平均にまでなっている(大抵は1~2点)。

コメントの内容は、「言っていることは正論だ」、「堂々と本音を語って気骨がある」、「問題が明るみに出るきっかけになった」の類だ。僕はこのテの文脈で「正論」とかのたまってる連中は信用しないし、大体彼らが標榜する保守とやらも、本来は人間は誤謬を犯す存在であることを認めるところから始まるわけだから、「正論」などという言葉で己の絶対性をアピールする方がおかしい。ましてや「正論」をタイトルにしてしまう保守系論壇誌が存在すること自体センスが悪いっつーか何つーか、もう。

まぁとにかく、お前ら大臣の椅子を何だと思ってんだ、ということだ。僕が一番言いたいのは。「正論」とやらに世人を注目させたいがために大臣の椅子を利用されたんじゃ、堪ったものではない。国家権力を虚仮にしてるのは、実はお前らの方なんだってことに、いい加減気付け。自爆テロだろ、これじゃ。「本音を語って気骨がある」などと、ガキじゃあるまいし、本音語れば政治できんのか。人間様の世の中がどうやって成り立ってるか、大人ならちょっとぐらい考えたことあんだろ。

僕は僕で、ちょっとぐらい考えてることがある。数々の政治家による数々の「タカ派的失言」は、実は誰かに言わされてたのではないか、ということである。こんな三流の陰謀史観めいたことを考えてしまうのは、彼らは失言から失うものこそあれ得るものはなく、そのことに思い至らないバカも、思い至ったとしてもつい失言してしまうバカも、さすがにいないだろう、とも思えるからである。そんなバカが政治家やってることと、これらは陰謀によるものであること、どっちが怖いかと聞かれれば、僕は前者と答える。

≪BON JOVI 曲解説シリーズ≫ 02-04 ~ King Of The Mountain

posted on 2008年9月27日 in 芸能

『7800°FAHRENHEIT』所収。

何となく様式美系のメタルバンドにありがちなタイトルだけれど、内容的には、そのまんま「お山の大将」でよろしいかと。

ミドルテンポ&4分ノリのヘヴィチューンである。当時、ロックバンドとしては今以上に軟弱なイメージで語られていたであろうBON JOVI が、伊藤政則で言うところの「ロック比重」を増すべく産み出した、苦心の一曲なんだろうが、哀しいかなロックとして肝心カナメのリフが、ぜーーーーーーんぜんダメである。ティコのドラムの「懐の深さ」が、この曲を辛うじて曲たらしめている。

「Let It Rock」(『SLIPPERY WHEN WET』)のセルフパクり元であるということが、本作最大の存在理由じゃないだろうか。

AaliyahとIt Bitesのバラード曲を語ります

posted on 2008年9月25日 in 芸能

あなたの好きなバラードは? ブログネタ:あなたの好きなバラードは? 参加中


ブログネタに初参加させて頂く。2曲紹介したい。

■Aaliyah 「One In A Million
ティンバランドのプロデュースによる逸品。「チキチキ・ビート」、「バウンス・ビート」、「フューチャリスティック」と、様々にいわれるアレンジスタイルは、彼が元祖、と言うか教祖だが、それをメインストリームの世界に問うた最初の一曲と言っていいだろう。
このスタイルについての音楽的考察はいずれきちんとやってみるつもりなので、ここでは割愛するが、ゆ~ったりとしてボトムの効いた基本リズムの中に、2小節に一度の頻度で起こるチキチキが、何とも心地よい。
その基本リズムがスカスカともいえるほどシンプルなだけに、綿密に計算された重厚なコーラスワークが引き立つ。
歌い手のアリーヤは、それまでの彼女の領域のどこにもなかった世界を突然与えられたわけだが、驚くべきことに、どう振舞うべきかを完全に把握している。グレゴリアンチャントを髣髴とさせるようなモーダルなメロディラインは、決してそれまでのブラックミュージックのように、高らかに歌い上げてはいけないのである。
キーはF#mで、Bm→D→Bm→F#mとコードが変遷するから、サブドミナントとトニックの間を時間をかけてゆらゆらと移ろうという構成だ。僕はこのサブドミナントとトニックの関係をどう処理するかが近年の大衆音楽の「感動系ヒット曲係数」に直結すると勝手に思っているのだが(この辺もそのうち書きたい)、このたゆたう雰囲気は、例えばエリック・サティの「ジムノペディ」のような、印象主義音楽の面持ちさえ湛える。
「貴方の愛は百万に一つ」とは使い古されたフレーズだが、ゆらゆらとした静寂の中でこの言葉がふと漏れ出でたとしたら、充分生々しく響くはずだろう。

■IT BITES 「The Ice Melts Into Water
たった今、この項を書くためにネットで歌詞をチェックしたら、「幼い娘を失った親の悲しみ」を歌ったものだったと判明した。今の今までそうだったとは知らずに20年間近く聴いてきたし(歌詞ぐらいチェックしろよと己に深く恥じていたところだが)、僕なりのこの曲に対する想いはすでに出来上がってしまっているので、一時間前の僕のつもりで書く。
で、このIT BITESなるバンド、当時創刊したばかりだった「Metal Gear」というヘビメタ雑誌で初めて知った。当時のことを僕なりに言うと、LAメタルそのものは終わりを告げたけど、BON JOVIがそのフォーマットを拡大再生産していた時期で、まだまだ世界各地にいわゆるヘアメタルとかヘアバンドとかが沢山存在していて、多少なりともディストーションの効いたギターサウンドを売りにしたい兄ちゃん達は、ミュージシャンなら長髪にしてなんぼみたいな記号的長髪で、多分それがゆえに十把一絡げにされ、前誌を始め、「BURRN!」や「KERRANG!」や「IN ROCK」を通じて、僕らにその音楽が伝えられた、という経緯がある。だから、幾ら彼らIT BITESの素地がGENESISやYESを模範としたプログレだとしても、そのサウンドよりもヴィジュアル的なイメージの方が先行してしまって、売る側(多くの場合本人達も)は意識するとかしないとか以前にそのフィールドで売るしかないから、畑違いの評価しかされなかったことは残念ながら当然なのだ。
で、そんな界隈でどうにかするしかなかった悲劇の「プログレ」バンド、という解釈もありだと思うが、彼ら自身も意識するとはなしにあっち(ヘアメタル)方面に日和ってた、と見せかけて、実はそもそもポップなセンスを多分に持ち合わせていたが「不幸にもプログレが好き」だったバンド、それがIT BITESなのではないかと、勝手に思ってる。
前説が長過ぎた。
プログレ好きの面目躍如、練りに練ったであろう構成がとにかくドラマチックで、7分強のランニングタイムに全く飽きが来ない。静と動の対比が見事であることはこの手の曲の必須課題なのだけれど、とりわけ「静」の方にカタルシスを感じ得るものは、この作品の他にはなかなか見当たらないんじゃないかと思う。フランシス・ダナリーの搾り出すような声、ジョン・ベックの淡く湿った味わいのキーボードに、何度も切ない想いをさせられた。
「氷が融けて水になる」なんて、単なる自然現象だけれど、その過程をこんな具合に音楽にされてしまうと、とたんに美しい詩になってしまう。聴く度に、心の温度が融点を遥か超えてしまうのを抑えられない。

と、下手糞な美辞麗句を語り連ねてしまって随分恥ずかしいのだけれど、そうすることに何ら憚りのない2曲だから、一度ずつでも耳を傾けていただければ幸いである。


新内閣誕生

posted on 2008年9月24日 in 時事

組閣後の閣僚名簿読み上げを、通常官房長官がやるところを、麻生氏自ら行ったそうだ。スタンドプレーがよっぽどお好きと見た。
何もそれが悪いわけじゃなく、小泉、中曽根といった、近年の「大総理」も、スタンドプレーを仕掛けてモノにしてきたワケだから、ひょっとするとひょっとする可能性もなくはない。ま、昨日書いたことの繰り返しだが、間近と言われる衆院選に勝利して「麻生政権がいくらか続けばの話で」はある。

それにしても、小渕優子少子化担当大臣、なかなか可愛い。ここからはお下劣話で恐縮だが、今の国会議員で最もいいオンナは、僕にとって藤野真紀子氏である。あのバタ臭くも気品溢れる濃厚な色気が、なんとも堪らん。が、これからは清新な魅力に満ちた優子ちゃんとのツートップで行きたい。よっぽど母親が美人だったのか、失礼ながら何ともパッとしない容貌だった父親、恵三氏の面影は、最小限に食い止められている。

お下劣はここまで。
中川昭一氏に財務大臣と金融担当大臣なぞ任せてしまって大丈夫なのか?ただの酔っ払いだぞ。そのうち与謝野氏と上手くいかなくなるんじゃないかと思ってるのだが。

麻生総理誕生前夜

posted on 2008年9月23日 in 時事

麻生太郎氏を初めて認識したのは確か01年の総裁選の時だったと思う。
ひん曲がった口許から何とも厭な皮肉ばっかり発してて、こんな男に総理になられたらたまったものではないとさえ思ったものだが、その後、外務大臣のときに多少印象が好転した。というのは、ロシアの警備艇に根室の漁船が銃撃を受け、一人が死亡した事件があったが、直後にロシアの外交官と会談を行うとなって、まずは握手から、というシーンがニュースで流れた。その時の麻生氏は、ヘの字口を固く結び、相手をキッとにらみつけ、一歩も退かぬ決意と、国士としての矜持に満ち満ちていたのだ。
その辺りからだったか、例の秋葉原での演説があったり、テレビでよく見かけるようになったりで、当初抱いていた嫌悪感が徐々に減退していったのだが、どうもイメージのコーディネーションを意図的にやっていて、それに乗せられてしまった気もする。特に、笑顔が良くなったか。

永田町では「半径2メートルの男」と呼ばれ、一旦近しくならないとその魅力が分からないとの意だそうだが、まぁ、それなりの魅力がある人物なのだろう。

外交の場では、多少のスタンドプレーも交えながらもコミュニケーション力を発揮して存在感をアピールしてくれそうな気がする。対中対韓外交は、懸念されるほど強硬な態度はとらないだろう。肝心の経済政策は、既に消費税率引き上げを3年凍結すると表明したそうだが、過去の発言から見ても、初入閣は経企庁長官だったにも関わらず、イマイチ財政再建には関心がないようであり、短期的な景気浮揚ぐらいしか期待できない。少なくとも今後のライバルの小沢民主党代表と較べると、国のありようから語り起こすという芸当ができるキャラではないだろう。

まぁ、それもこれも麻生政権がいくらか続けばの話で、政局ウォッチャーとしての目下の課題は、やっぱり解散総選挙の時期の見極めである。勝てれば、意外と2~3年はもつかもしれない。ただ、その場合経済がメタメタになることもあり得るわけで、その点は充分懸念に値する。

ビートたけしと糸井重里

posted on 2008年9月20日 in 芸能

ほぼ日 』に北野武、というかビートたけしと、糸井重里の対談が連載され始めた。

これで、我が愛すべき「お笑いBIG3」全員が『ほぼ日』に登場したことになるが、意外なのは、糸井の口調がたけし相手の場合のみタメ語混じりになること。タモリはもちろん、最も歳若いさんまの場合ですら基本敬語だったものだから、一体二人の間に何があるのかと思って調べてみると、糸井の『話せばわかるか 』なる20年以上前の対談集でゲストの一人だったぐらいのことしか分からなかった(タモリもゲストだったらしい)。

『アキレスと亀』のたけしの妻役が樋口可南子だから疎遠な関係じゃないのは確かだろうけど、当該ページの前振りで、「思えば、ずいぶん久しぶり、というのが、たけしさんと糸井重里の関係。」とあるので、気になった。

≪BON JOVI 曲解説シリーズ≫ 03-04 ~ Social Disease

posted on 2008年9月19日 in 芸能

『SLIPPERY WHEN WET』所収。

当時ウブな中学生だった自分は、冒頭10秒だけをオートリピート設定にしてヘッドフォンの内側で脳内ハーレムを築き上げ、イケナイ妄想に一人密かに興奮したりしてたことは決してないが、この曲がLAメタルの猥雑さと享楽的気分を濃厚に受け継いでいることは確かである。

90年代初頭の解散危機以来、この手の曲がめっきり姿を消してしまい、寂しい限りだ。なんかやけにシリアスな楽曲ばかりが目立つ最近のBON JOVI だが、大人になるってそーゆーことなんだろうか。レパートリーの幅をイタズラに狭めるよりも、この路線はこの路線で確保しておいた方が、ライブのメリハリも付くと思うのだが。いや、最近のBON JOVI のライブにメリハリがない、とか言うんじゃなくて、ね、一応…。

『SLIPPERY~』というモンスターアルバムの中では捨て曲に分類されてしまうであろうこの作品だが、かの「Bad Medicine」の元曲であることを指摘しておきたい。

女性誌の、とある傲慢

posted on 2008年9月17日 in 雑感

先ほど本屋に寄ったら、女性雑誌のananがあって、特集が「SEXで恋はもっとときめく! 」。
表紙に大書されていた記事のタイトルに「気持ちよくって、キレイになれる。最強マスターベーションのススメ。」なるものもあって、極めて健全なる興味をそそられつつも、やや引いたのも事実だ。

さすがに手にとることも出来なくて、家に戻って早速ネットで確認すると(実は7/30発売号だったらしい)、内容が一部「立ち読み」が出来るらしく、やや後ろめたい気持ちで覗いてみたのだが、無論男性誌の如くのエロい雰囲気ではなく、ひとまず安堵した。
しかし、女性誌に堂々と「マスターベーション」と表紙にあるのは、いったいどうなんだと。逆セクハラとは言わないまでも、仮にそれが男性誌にあったとしてそれを見た一般女性の拒否反応を想像するに、男のエロは悪で女のエロは善と言わんばかりの傲慢極まる挑発ではないか。

と言えばさすがに言いすぎだが、何か釈然としない思いが残る。いっそ、女性誌の体を成した男のどエロ満載の雑誌でも作って、ananとかnon-noだとかと一緒に陳列したらいい。

何だか良く分からんが。

政局予測を人に言うと当たらない件

posted on 2008年9月16日 in 時事

自民党総裁選が近づいている。
僕が議員選挙などの政局予測をする場合、それを人に言うと外れ、言わないと当たる。
こんなずるい予測もあったものではないが、実際そうなんだ(と自分で信じているわけだ)から、仕方がない。

前回の総裁選では、安倍の辞任発表直後に麻生と言ってしまった。あの時点では誰しもそう思っていたに違いないし、そうじゃない可能性を見つける方が難しかったはずだ。ところが数日後に「麻生包囲網」が敷かれ、福田大逆転。「政界、一寸先は闇」という言葉をこれほど実感したことはなかった。
僕が「麻生」と言った時点で麻生の芽が潰れたんだとしたら、随分悪いことをしたとは思うが、そんなわけはない。

で、今回の予測は、それでも「麻生」。
麻生さん、すみません。

日本の喫緊の課題は広い意味での経済問題だと思うが(いや、確かにいつだってそうだったのかもしれないけど)、今回の候補の中でそれに真正面から取り組む姿勢を見せているのは与謝野氏で、更には、彼の麻生氏と並ぶ当選回数9回という数字に、安倍5回、福田6回に対する当てつけ的安心感もある(ここウン十年のうち総理大臣就任時点の当選回数が最も少ないのが、自民政権を一瞬であれ打破した細川護煕の2回、その次に少ないのが安倍、…だったはず)。僕としては、政策とその実現能力を鑑みるに与謝野氏に当選して欲しいけれど、自民党における「喫緊の課題」は、解散総選挙を行って勝利し、「直近の民意は我々が掴みましたよ」と言って民主党の参院を封じ込めるにあるはずだから、自民党という組織の生存本能は、国民的人気の高い麻生氏を選び、それが故の総裁選を自民党自体が演出していると読んでるのだが、如何。

実のところ、総選挙で民主党が政権獲ってくれるのがベターである。期待しているのは、民主党そのものではなく、政権交代による「政治の構造改革」の効果だ。その意味では、石破氏や石原氏に当選してもらいたいのが本音である。

次へ »