9条に対する、とりあえずの見解

posted on 2009年1月22日 in 雑感

ビートたけしが最近色んなところで護憲派であることを表明している。もちろん9条のハナシにおいてだ。自分としては護憲なんだけど、一度国民の意思を公式に確認してみたい、みたいなことを言う。たけしは保守派の、まぁ「論客」、と目されているから、僕みたいないわゆる「サヨク」なんかからすれば、肩透かしを喰らったのは事実だ。

僕は「サヨク」であり、かつ「お笑いBIG3」のファンだから、その辺の多少複雑な感情についてはそのうち書く。

で、ここでは、僕の9条についての見解を書く。

我が日本国憲法第9条は、200年早い。
200年後に9条が誰からもしっくりと感ぜられるようになるかどうかなんて保障のしようは当然ないが、今を生きる我々に対して、「200年後には軍隊を持たなくてもいいような環境が出来るように、今から日本国民は努めましょう」みたいな文言だったならば、今よりはすんなり受け入れられて、むしろそれに、それこそ「誇りを持つ」、なんてことが我々の中にあったかもしれない。
「軍隊はもう持ちません」なんていう「規制」をされるよりは、「持てなくていい環境作りを目指して頑張ろう」と目標設定をしてやるほうが、何となくその気になれる。「今の人」には。
もちろんそれには「国民国家」に取って代わる世界秩序のヴィジョンを打ち立てねばならないのだが、200年後にはいい加減「国民国家」という制度に日本国民じゃなくとも飽きが来るだろ。

こりゃ改憲した方が早いだろ、ってことがなんぼかあることは事実だ。その点あの田母神前空幕長といささかも変わりない。現状、自衛隊がきれいさっぱり無くてもいいような安全保障のあり方などないだろうし、それはやっぱり自衛隊は軍隊なんだよってことだから、「国民国家としての日本」に身を捧げよ、という教育を隅から隅までするのが、軍人としてのマインドを涵養する最も効率的なやりかたであって、本来あるべき自衛隊員のマインド、つまり、「あなたは存在するのかしないのか分かんないような実力行使組織の一員であって、だけどそれには戦後日本としての重要な意味があるのだから、その意味を深く胸に刻んで、いざとなったら死地に飛び込みましょう」なんてのは、さすがに現場ではやってられないに違いない。このご時世、コンプライアンスと業績死守の狭間で悩む僕等だって、同じ文脈の上にいるのかも知れないんだし。

「鼻が利く」ビートたけしは、昨今の新保守派の権威凋落を敏感に察して護憲派発言をしたのかもしれないが、いやいやそうでもない、と、僕は思う。
戦後の情景、というものが、彼の中でムクムクと首をもたげて来たに違いない。「戦後」だって、確かに日本である、というほどに、我々は戦後を歩んできたのだから。

ハゲ

posted on 2009年1月19日 in 雑感

やばい。ハゲてきた。

僕は元来髪が太くて硬いほうだったし、両の祖父も父親もとりわけハゲなわけではないから、僕はハゲることもそうないだろう、いずれはハゲるだろうけど、せめて40も半ばを過ぎてからのハナシだろう、そうタカをくくっていた。
ところが、だ。髪をたて気味にセットするのが常だから、普段から多少の地肌は見えるのが当たり前ではあるのだが、ふと鏡を見ると、前髪の辺りの黒と肌色の割合がおかしい。それまで黒9:肌色1だったものが、8:2ぐらいになっている。
やばい。まじで。

初めてネットで「薄毛」と「予防」をキーワードに検索をした。見ると、喫煙、飲酒、肉類の摂り過ぎは原因となるらしいが、だとしたら正直僕は、「そりゃハゲるわ」としか言えない生活をしてることになる。

いよいよ決断の時か?生活習慣Changeの時か?"Yes, I Can"と言うべきか?

…と、一服しながら考えるのだった。

若さを羨む PART2

posted on 2008年11月29日 in 雑感

(※映画のネタバレあり)

いやぁ、イヤんなっちゃった。

数日前にTSUTAYAで映画を物色していたところ、普段お世話になっているレビューサイト で興味が湧いた作品が目に入ってきたので、それを借りた。2つあるのだが、『マグノリア』と『ユージュアル・サスペクツ』がそれである。

昨日は多少時間があったので、長いほうの『マグノリア』を観た。
小一時間ほど観進めると、セックス教団の教祖みたいな役のトム・クルーズが女性のインタビューアーに詰問されるシーンが出てくるが、そこで強い既視感に襲われた。間違いなくこのシーンは見たことがある。次のシーンも。その次のシーンもだ。これはもしかして前にも借りたことがあるのだろうか。いや、さすがにジャケットでそれは判別できるだろうからそれはない。それともそれすら忘れてしまってるのか。昔WOWWOWで途中から観たのだったか。だとしたらいつ頃か…。
とにかく不安に苛まれつつ、さらに観進めると、再び詰問のシーン。ついにトム・クルーズが我慢の限界を超え、インタビューアーに決定的な何かを言う。
僕はその言葉を、ほぼ正確になぞることが出来た。

気を取り直して、今日は『ユージュアル・サスペクツ』を観賞しようと。その前に、やっちゃいけないと分かっていながら、例のレビューサイトの本作の項をチラチラ遠目に眺めてみたが、その中に「カイザー・ソゼ」の文字が。なんか聞いたことあるぞ。「カイザー・ソゼ」。もしやと思いつつ、いざ再生してみると、実に困ったことに、こちらはハナから既視感に責められる。ああ、こりゃ見たわ、と。案の定だわ、と。ケヴィン・スペイシーが出てきた瞬間、お前が「ソゼ」だろうと。で、こちらもジャケットを覚えていない。

観た映画ぐらい、タイトルとジャケットと内容ぐらいは一致して覚えている程度には、自分は映画が好きだし、記憶力もあると信じていたが、二晩にしてそれは崩れた。
一つだけなら、まだこんなこともあるさで済まそうとは思える。が、二つ連続となると、もうだめだ。抗い様がない。

何に?
己は老い始めたのだ、と認めることに、だ。

『ブラタモリ』延期と、僕の不埒

posted on 2008年11月24日 in 雑感

今朝、ふと気付いて、楽しみにしていた『ブラタモリ 』の放送予定日時を確認した。「そろそろだよな」と思いつつ。
次の瞬間、声にならない悲鳴を挙げた。
放送予定日は確かに今日(実際は昨日、即ち23日)なのだが、時間は0:10、即ち昨日の深夜である。「そろそろ」どころではない。完全に見逃した。
単純に楽しみにしていたものを見逃してしまった無念さと、それに加えて、タモリファンとしてしてはいけないことをしてしまった後悔が、僕の胸に一挙に去来した。海外出張以後、どうもいけない。

止むに止まれぬ思いだったけれど、どんな内容だったのかだけはチェックしておきたかったから、「ブラタモリ」をキーワードにブログ検索した。
すると、「『ブラタモリ』延期」などとある。どうやら、元厚労次官宅襲撃事件「犯人」自首の臨時ニュースで、そうなったらしい。

…て、オレ、そのニュース観てたじゃん。

ここでまた、僕の胸に一挙に去来した思いが二つある。
あの時間の僕はなんて能天気だったんだという自己嫌悪と、そんなニュースが僕を救ってくれたという不埒。

いくつかのブログには、「コイズミタケシとやらはこんなタイミングで自首すんな」といった意見もあったが、「コイズミタケシさん、このタイミングで自首してくれて有難う」、とまではさすがにならないけれども、とはいえ結果そういうことに繋がってしまうこの状況、やっぱり僕は「不埒」にならざるを得ない。

ウィスキ~~がぁ、お好、きで、しょ…

posted on 2008年11月2日 in 雑感

お酒は好き? ブログネタ:お酒は好き? 参加中


好きだ。
ニックネームを見ていただければ一目瞭然である。
若い頃はほぼ毎晩ビールを3リットル呑んでいたほどだが、最近ではビールは一缶、その後ハイボールにシフトするのがパターンになっている。ニックネームにもとる有様だが、ご勘弁いただきたい。

サントリー角瓶のCM 、あれは、いい。
「ウィスキ~~がぁ、お好、きで、しょ…」のテーマソング、大昔にもやってたのを覚えていたから、復活した時は思わずテレビの方に向き直ってしまった。

あの時は確か小学生で、さすがに酒なんてものにさほどの興味はなかっただけに、このCMの感じ方におけるビフォア/アフターがある。酒は文化だ、などと宣っても仕様がないが、少なくともその文化性にどっぷり浸かってしまった今の僕としては、このCMを観ると、酒の味はもちろん、酒席でのあれこれや、町々の歓楽街の雰囲気、呑んで借りた勢い、呑まれた結果の失敗、二日酔いの苦しみ、己の嘔吐物の酸味、など、そんなことが渾然一体となって想起される。総じて、「酒って、いいなぁ」となってしまう自分こそ、仕様がない。

あのテーマソング、石川さゆりが歌ってるんだそうな。彼女は演歌の人だから、いわゆるコブシこそがキモなんだろうけど、この曲では「タメ」でもってノスタルジックな和製ジャズ風のアレンジに馴染ませている。それがなんとも心地が良くて、酒を愛する中年男のそぞろ心をくすぐる。
出演する小雪も然り。エキゾチックなほどに和風なパーソナリティを持つ彼女だから、いかにもシッポリとした大人の酒を演出し得るのである。
だから、このCMのキーワードは、「和風」である。小雪は洋服を着てるし、背景の町並みにはビルが林立しているのだが、戦後の日本が涵養してきた独特の「和風」、即ち「昭和」に、このCMは溢れている。『ALWAYS 三丁目の夕日』じゃないけど(小雪も出演していた)、戦後に確立された一つの「和風」という型が確かにあって、それにノスタルジーを感じるほどに、戦後の日本文化は齢を重ねてきた。方々で繰り返されたであろう「昭和のサラリーマンの色恋」に、「大人への憧れ」に似た想いを重ね合わせてしまう僕は、紛れもなく団塊ジュニアだ。

こんな駄文を、いかにも呑気に、ハイボールを呑みながら書いている自分は、幸せである。タンブラーの中で氷がカラカラと邂逅し合うのが、今宵はいかにも心地よい。ブラックニッカではあるが。
いずれにせよ、中年になった麦酒男爵は、「ウィスキ~~がぁ、お好、き」なのだ。

体内時計

posted on 2008年10月29日 in 雑感

今朝の話である。
夢、というか、まどろみの中で、「ブーン、ブーン」と、携帯電話の厭のバイブ音が鳴った(僕はこの音が苦手だ)。
徐々に覚醒していくと共に、「昨晩マナーモード解除し忘れたか」(いつも目覚まし用に携帯アラームを使っている)、「けど今日は休みだよな」、「もしかして隣の部屋か」などと考えた、というか、夢想したが、いざきちんと起きて携帯を確認してみると、何事もなかったかのように大人しくしている。もちろん、となりの部屋の携帯のバイブ音が聞こえるなどということは、ちょっと考えづらい。

携帯を開いて時間を確認すると、6時ピッタリだった。
これは僕の体内時計が無意識に作用した結果現れた幻聴だったのか。シンクロニシティ、といえば違うんだろうけど、不思議な体験だ。

数年前に別のアパートに済んでいた時は、目覚ましとしてオーディオコンポのアラーム機能を使っていた。時間になったら爆音で音楽が鳴り出すのである。僕は寝起きが悪いので、爆音そのもの衝撃と、即座かつ機敏に電源を消すという運動によって(さもなくば近所迷惑も甚だしい。いや、確かに一瞬でも爆音が鳴ること自体大いに迷惑なのだが)、自らの覚醒を確実ならしめようとしたのだ。
しばらく続けたところ、体内時計がセットされたのか、時間のほんの一分ほど前に勝手に目覚めるようになってしまった。「唐突」な爆音の衝撃が「予定」されている、ということは、精神衛生上余り良くないのかもしれないけど、寝坊防止に大いに役立ったことは確かである。

最強のスケール感

posted on 2008年10月18日 in 雑感

今年のノーベル賞の話題も一段落したところで、こんな風に思った。

宇宙の年齢は137億歳で、地球(というか太陽系)は46億歳だそうだ。宇宙が生まれてから現在までの3分の2の時点で地球誕生というわけだが、最強のスケール感を誇る宇宙の割には、イマイチな結果だ。その年齢の比には二ケタ以上のものが欲しい。

将棋が取り得るあらゆる盤面の総数は、全宇宙に存在する原子の総数(10の80乗)より多いらしい。これはちょっと信じられない。
例えば、今僕の目の前にあるディスプレイを形成している原子の数って、一体いくつよ。億はあるだろ、下手すると兆いくだろ。これ作ってる三菱電機の工場行ってみろ、これがめちゃくちゃ並んでるわけだよ。僕のこの六畳一間の部屋にある原子の数いくつよ、もうそれだけでケタ数えるのが面倒なほどなはずだ。ま、「将棋が取り得るあらゆる盤面の総数」は、せいぜいそのぐらいだな。僕の感覚でいうと。

「将棋が取り得るあらゆる盤面の総数」=「六畳一間にある原子の数」
これ常識。

……………って、えーーーーーーーっ!「全宇宙に存在する原子の総数」より多いだってぇーーーーーーっ!
宇宙さんさぁー、何ぼなんでももうちょっと頑張ろうよ。あんたがその程度でどうすんだよ。それでも宇宙か?常に最強のスケール感を誇ることを宿命付けられた宇宙か?え?どうなんだ?

…という気にならないだろうか。僕はなる。

若さを羨む

posted on 2008年10月17日 in 雑感

まあ、些事も些事なのだが。

僕はいつもカバンに本を忍ばせていて、通勤電車内での楽しみとしている。夜にはカバンから出して枕の友とし、朝の排便の際にはトイレの友とするわけだが、昨日の出勤時に、その本が見つからない。枕やトイレの周りにもない。ただ、そのちょっと前にトイレの友とした記憶はある。
さあ、これはどういうことかと思案しているうちに、時間も迫ってきたので、とりあえず諦めた。
今朝、寂しく用を足したあとにその思案を再開したところ、ふと目に入ったのが、数ヶ月前まで使っていたカバン。押入れの辺りに放置していたものだ。もしやと思い中を覗いてみると、本はそこに、あった。

この経緯において僕に認められる障碍は、二つだ。
ほんの一寸前の出来事を忘れていること、そして、今使っているカバンがどれか覚束なかったこと。
前者は今までなかったわけじゃないけど、後者のような経験は初めて。いや、という風に、この二つを切り分けてみたところで、僕の狼狽は収まらない。これらが一遍に起こったものだから、狼狽を通り越して、ほとほと厭になった。

世の中には経験してみないとその本質が分からないというようなことが無数にあるけど、変な話、老化こそその最たるものではないか。
若さは確かに羨ましいけど、いざこうなってみると、経験しておいて良かった、その何たるかをを垣間見ることが出来た、さあどうやって備えよう、という気にはなった。

繰り返すが、それでも若さを羨む気には変わりない。

二重言葉

posted on 2008年10月16日 in 雑感

定着しつつある二重言葉というのがいくつかあって、最近テレビのアナウンサーやコメンテーターですら、何の気無しに使っているふうだ。
代表的なのは、「今の現状」と「一番ベスト」あたりか。

したり顔で、「今の現状から考えると、○○するのが一番ベスト…」とか言われると、少々萎える。

韓国海苔

posted on 2008年10月14日 in 雑感

妻に韓国海苔なるものを紹介してもらった。
塩気を増した海苔に胡麻油で味付けたものらしいが、これだけで酒のつまみとしての用に足りる。

今夜はそれだけ。
備忘録だから、それでいい。

次へ »