「ハートカクテル」考 ~ vol.007 オールドハワイ・コナ

posted on 2011年8月23日 in 「ハートカクテル」考

小生は、このようなシチュエーションを経験したこともなければ、コーヒーを飲む習慣もないので、当回からは特に何の感慨も浮かばないのであるが、ただひとつ、3ページ目の2段目のコマに、画の味わいを感じる。明らかにデッサンが不味く、人物の四肢のバランスやボリューム、角度が不自然だが、だからこその不思議な魅力、アンバランスが喚起する注意、みたいのがある気がする。例えばクリムトの「接吻」なんかもそうだ。いや、美術に詳しいわけでもなんでもないのだが。


Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`tweetmeme` not found]

コメントはまだありません »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment