「ハートカクテル」考 ~ vol.018 父のエンブレム

本作にはいくつかの「プチブル」レジャーが登場するが、おそらくそれらのほとんどは、作者のわたせ氏が実際に趣味としているに違いなく、だからこそのウンチクだったり専門用語だったりに溢れている。
このヨットというヤツも、おそらくそのうちの一つなんだろうが、生憎今のところ小生には無縁であるから、さほど当回には感慨が湧かない。次回のランニングで多少語りたい。

Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`tweetmeme` not found]

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です