バラク・オバマの勝利に思う

posted on 2008年11月6日 in 時事

今日は全くもって歴史的な日である。
黒人が米国大統領なる日が来るとは、確かにいつかはそういうことが起こるんだろうと思ってはいたけれど、あらためて、世の中ってのは、それこそ「change」するものなんだ、という単純な事実に気付かされた。
オバマという人のカリスマ性は抜きん出ていると思うが、それだけに暗殺なぞされぬかどうか心配である。未だにアメリカという国は、そういったことが起こる可能性を拭い去れずにいるのだ。先進国の中で最も「野蛮」な国民性を持つ国じゃないかとも思うが、それがそのままアメリカの活力となっている。
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`tweetmeme` not found]

コメントはまだありません »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment