新内閣誕生

posted on 2008年9月24日 in 時事

組閣後の閣僚名簿読み上げを、通常官房長官がやるところを、麻生氏自ら行ったそうだ。スタンドプレーがよっぽどお好きと見た。
何もそれが悪いわけじゃなく、小泉、中曽根といった、近年の「大総理」も、スタンドプレーを仕掛けてモノにしてきたワケだから、ひょっとするとひょっとする可能性もなくはない。ま、昨日書いたことの繰り返しだが、間近と言われる衆院選に勝利して「麻生政権がいくらか続けばの話で」はある。

それにしても、小渕優子少子化担当大臣、なかなか可愛い。ここからはお下劣話で恐縮だが、今の国会議員で最もいいオンナは、僕にとって藤野真紀子氏である。あのバタ臭くも気品溢れる濃厚な色気が、なんとも堪らん。が、これからは清新な魅力に満ちた優子ちゃんとのツートップで行きたい。よっぽど母親が美人だったのか、失礼ながら何ともパッとしない容貌だった父親、恵三氏の面影は、最小限に食い止められている。

お下劣はここまで。
中川昭一氏に財務大臣と金融担当大臣なぞ任せてしまって大丈夫なのか?ただの酔っ払いだぞ。そのうち与謝野氏と上手くいかなくなるんじゃないかと思ってるのだが。

Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`tweetmeme` not found]

コメントはまだありません »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment