民主党の焦り

posted on 2008年11月19日 in 時事

この度の党首会談、窺えるのは民主党の焦りだ。
僕は麻生総理は当面衆院解散する気はないと見て、麻生や細田幹事長の選対本部設立騒動などは陽動作戦だと穿った が、そうであったとするなら、随分と効果覿面だったんじゃないだろうか。
麻生はなかなかやる。前総理や前々総理などとは役者が違う。佐藤栄作は解散をちらつかせる状態をある程度維持することで野党を精神的にも資金的にも疲弊させ、頃合を見計らって「伝家の宝刀」を抜き放つ、という戦法を常としたらしい。もちろんその疲弊は与党にも及ぶのだが、それだけに、「肉を斬らせて骨を断つ」というわけだ。麻生がこれに学んだかどうかは知らないが、結果として民主党は随分と疲弊した。
小沢はすっかり頭に血がのぼってしまったに違いない。こういうときの小沢は、何か良く分からない行動に出ることもしばしばだけれど、今回の何か良く分からなさは際立っている。会談では殆ど小沢一人で喋りまくってたらしいが、麻生は面食らいつつも、心理的な形勢が逆転しつつある手応えを感じて、内心ほくそ笑んでたはずだ。

Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`tweetmeme` not found]

コメントはまだありません »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment