C言語事始

posted on 2008年10月22日 in PC

今さらながら、いわゆるC言語なるものに挑戦し始めた。
僕はDelphiユーザー、いわゆるデルフィアン、さらにいえばDel厨なのだが、例えばアルゴリズムの解説本なんかの類はCで書かれていることが多いし、何より業界の常識ともいえる言語だから知らないのも難だということで、渋々始めてみた次第である。もっとも、現在はWebアプリケーションの需要の方が多いだろうから、実際に今でもCが業界の常識、プロのプログラマがマスターしておかねばならない言語として君臨しているかどうかは、プロじゃない僕は知らない。

参考書の最初のほうを読んでみての感想だが、トークン名において大文字と小文字を区別するのはちょっと苦労しそうだ。単純に、覚えるべきトークン名の可能性が倍になる。僕の好みでいうと、コンパイラは区別をしない、不整合があったらIDEが定義に従って勝手に修正してくれる、といのが理想である。

Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`tweetmeme` not found]

コメントはまだありません »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment